タイガのデレマスアイドル語り

シンデレラガールズのアイドルについて主観を交えながら書きます。 Twitter→@F_shin19

総選挙を終えて

去る5月14日(火)、第8回シンデレラガール総選挙が終わりました。
皆さまいかがでしたでしょうか。
シンデレラガールを目指した方、ボイス実装を目指した方、1人のアイドルに全票突っ込んだ方、お友達と協力し合った方…それぞれの総選挙が今年もあったように思います。
というわけで、今回は番外編ということで。
総選挙を終えての結果発表と、それを受けての所感を自分なりに書き連ねていこうと思います。皆さまどうぞよろしくお付き合いください。

上位

まずは、シンデレラガールの栄冠を手に入れた、『ちゃんみお』こと本田未央ちゃん。
彼女はシンデレラガールズ稼働当初より卯月ちゃん、とともにニュージェネレーションズ、いわゆる『御三家』としてその人気を支え続けてきました。
にもかかわらず『シンデレラガール』の称号においては前述2人に先を越され、さらに去年は『ウサミン』こと菜々ちゃんに中間発表からそのまま追い抜くことは叶わずという結果に。
そんな中で迎えた総選挙だけに、今回の喜びはひとしおのことでしょう。
シンデレラガールおめでとう。


そして2位の加蓮も悲願のシンデレラガール…とはいきませんでしたが、それでも担当Pの方をはじめとして培ってきた底力の強さがあったからこその2位のように思います。2年連続でクール属性1位でもありますからさすが。

そして続く3位、ここは大波乱がありました。
3位:夢見りあむ
中間発表でこの名前を見たとき正直かなり驚きました。
それもそのはず。登場して数ヶ月の新アイドルが、ここまで高い順位に来たものですから。
元々ドルオタをこじらせるわ何かにつけて「やむ」と言い出すわとにかくいろいろと劇薬なキャラだなぁと思いながら見てましたが、まぁ~歴史を積み上げてきたアイドルにそうそう勝てるわけなかろうと思ってたのが正直なところです。
それが3位の高順位につけるなんて、運営さんも想定外だったのではないでしょうか。
ただボイス来てからが問題で、今回は話題先行の感がありましたが次回もここまでの高順位につけるようだったらこの勢いは本物と見てもよいでしょう。
そういった面では高順位につけても(個人的には不本意でもありますが)面白いかもと思いますし、大幅ダウンでも面白いかもと思いますし、次回密かに注目するのは彼女かもしれません…とでも言っておきましょう(


と、ひねくれた文を書いたところで。
4位と5位には、密かに推していたこずえちゃん佐城ちゃんが!!!
彼女達は現時点でボイス未実装なので今回の結果を受けてりあむ同様実装ということになります。
それぞれ11歳、10歳のロリアイドルで、前回の順位も24位18位。そこから一気に大躍進し、ボイス実装を勝ち取った。こういう瞬間のためにデレマスやってるんだよ!!という気分になります。
やはりボイスが聞きたいというのはそれだけで票を入れる理由に皆さんしてくれているんだなと励みになりますね。
ボイスがなかったアイドルにボイスが来るということは、イコール楽曲の幅が広がることでもあります。ただ今回は特に顕著になりそうだなって。


ということで、ここからはピックアップ。
6位しきにゃん、7位文香ちゃん、8位まゆちゃん。
ここまでは前回も十傑に入っていたのですが。
9位にはナターリア。
彼女は5傑には入れなかったものの、属性3位ということでCDデビュー、ボイス実装は確定です。
特に彼女はリオデジャネイロ出身のブラジル人、つまり純外国人アイドルで初のボイス実装ということで、これまでよりもさらに楽曲の幅が広がることは間違いありません。
というわけで、今回のボイス実装確定は4人。
彼女たちの新たな歩みに、期待せずにはいられません。


10位には的場ちゃん。
彼女も12歳ということで、やっぱりロリの流れが来ている…??(ちょろいなオタク…)
…はともかく、ナターリアは強かれどそれでも中間属性4位の藍子ちゃんを追い抜いてのこの順位はさすが。
この順位に来ようものなら、ほたるちゃん、ひいては早坂ちゃんのような『サプライズ実装』をかなりの確率で期待できそうです。
ほたるちゃんのようにいきなりソロ曲デビューとなるのか、はたまたとのユニット『ビートシューター』でイベントが来るのか。
どちらにせよ、彼女のキャラなら映えることは間違いありません。
とはいえあくまで希望的観測なので、そこは気長に待ちつつ、というところではあります。

10位以降、ピックアップと希望的観測

希望的観測は的場ちゃんの項でも書きましたが続きということで。
ボイス未実装アイドルでは青森県勢の工藤ちゃん七海ちゃんも順位が去年から爆上げしましたが、青森県勢といえば、ゆかりちゃん。
f:id:f_shin19:20190312013343j:plain

彼女も結果的には49位とあわや圏外という立ち位置でしたが、ボイスがありながらもソロ曲を貰えず、そんな状況で今回自身初の圏内入りを成し遂げました。
Twitterで見てても勢いがものすごく、ひょっとしたら今井ちゃん抜かれてるんじゃ…なんて思っていましたが、思ったよりは低い順位でした。
が、しかし。圏内に入ったことで少し希望が見えてきたのではないでしょうか。
今回は都道府県で言うなら青森県勢が熱かったという印象でした。
そんなゆかりちゃんとノーブルセレブリティというユニットで繋がっている琴歌ちゃんも、38位という自己最高の順位。
ここまで上がってきたということはゆかりちゃん同様次回以降も期待できるということです。声が聞きたいというのもモチベーションに繋がるかなとも。


ここからは希望的観測。
工藤ちゃんや七海ちゃんがボイス圏内近くまで来たということを見るに(次回頑張る=課金アイテムを買ってもらえそうなので)的場ちゃんはもちろんサプライズ実装が射程圏内にありますが、個人的に期待したいのは沙理奈さん。
彼女にボイスが実装されればブルーナポレオン全員晴れてボイス化という状況の中で、自身初入選どころか新アイドルのりあむを除いては初入選組最高順位の20位。
加えて圧倒的グラマラスボディをグイグイ推していく勝気な性格からも、彼女に至っては総選挙でボイス圏内という『誰もが想定しうる状況での実装』よりも、『ある日突然想定し得ない状況での実装』の方がらしいかなと個人的には思います。
それが早坂ちゃんのようにユニット曲としての実装かどうかはわからないのですが。
今井ちゃんにはもちろん期待はしたいのですが、贔屓目なしで考えるとこの2人が一番映えるかと思い書かせていただきました。


そして、我らが今井ちゃんは…???

f:id:f_shin19:20190306010507j:plain
35位と、圏内は維持できていますがなかなか頭一つ抜け出せないという結果に終わりました。
個人的にはやはり初入選での21位より高い順位を目指して(本当はボイス圏内が理想だけどポケモンピカ版でピカチュウ単騎で殿堂入りを目指すのとタメを張る苦行なので)という気持ちで臨んでおりましたが、まぁなんと壁の厚いこと厚いこと。
それでも、声が聞きたいという自分の気持ちはその時まで貫きたいと決めたことなので、今井ちゃんの声を聞くまでは頑張るのには変わりはありません。
そのためにこのブログを開設したのですから。
だから時間はかかるかもしれませんが、必ず彼女を『すごい子』にしてあげたい、という気持ちに1ミリの揺らぎもありません。
生まれ持っての力じゃなくても、『すごい子』になれるんだよ、と彼女に伝えたいから。
そういう子だからこそ、そういう子が高順位につけているならば自分のひと押しで最高の場所まで連れて行こう、と思わされるのかもしれませんね。
といったものが今の自分が書ける今井ちゃんへの気持ちです。
今度こそ、自分が本格的に参戦してから3度目ということで、三度目の正直を目指して!!
かなかなファイファイ、おー!!


というわけで、初の番外編として第8回シンデレラガール総選挙について書き連ねてまいりましたが、いかがでしたでしょうか。
次回からはアイドルにクローズアップした記事に戻りたいと思います。
今回も最後までご覧いただきありがとうございました。次回の記事でお会いしましょう。